fc2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 この二日間で、SNSWeb2.0の解説をしてきました。そのポイントは、一般の生活者(消費者)の購買プロセスが従来とは変わってきているということです。従って、事業者(供給者)側も生活者とのコミュニケーションのやり方を変えていかないと、その商品やサービスは選択されなくなる、ということになります。

 逆に言うと、Web2.0の発想があれば、小さなローカル会社でも大手に負けないビジネスができると言われます。そのキーワードが「ロングテール」。三つ目のポイントです。

 ロングテールを日本語訳すると、「長い尻尾」という意味になりますが、これも再びIT用語辞典で引いてみましょう。
****************************************************************
 インターネット上での現象は、生起頻度の低い要素の合計が全体に対して無視できない割合を占めるという法則。少数の上位で全体の大半を占めるという、いわゆる「20:80の法則」に対するアンチテーゼで、ネット上での人々の行動の特徴を表す理論として注目されている。米WIRED誌の編集長だったChris Anderson(クリス・アンダーソン)氏が2004年10月に発表した「the Long Tail」という記事の中で提唱した法則。

 マーケティングなどの分野では伝統的に「上位2割の合計が全体の8割を占める」という経験則が知られてきた。これは「2割の顧客から8割の売り上げ」「2割の社員が8割働く」などの形でよく知られているが、オンラインショップの売り上げなどを調べると、少しずつしか売れない商品の売り上げをすべて合計すると無視できない割合になり、逆に売り上げ上位の少数の製品を合計しても大した割合にはならないことが分かった。

 この現象をグラフに描画し、縦軸に生起頻度(オンラインショップで言えば販売数量)を取り、横軸に頻度の高い順に要素を並べると、頻度の低い要素(あまり売れていない商品)の部分が横に長く伸びていることが分かる。これを動物の尻尾に見立て、「ロングテール」(long tail:長い尻尾)と名付けられた。物品の販売だけでなく、オンライン広告やWebページのアクセスなどでも見られる現象と言われている。
****************************************************************
 フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」のロングテールの説明ページには、下記のグラフが載っています。このグラフの黄色い部分が「ロングテール=長い尻尾」の部分です。
ロング

 実際の例として、Amazon.comなどのオンライン小売店がこのモデルとして、取り上げられます。つまり、『在庫や物流にかかるコストが従来の小売店と比べて遥かに少ないので、今まで見過ごされてきたこの80%をビジネス上に組み込むことが可能になり、そこからの売り上げを集積することにより、新たなビジネスモデルを生み出した。そのことを説明する時に使われるのが、ロングテールである』(「ウィキペディア」より)

 いよいよ、明日が「住まいのSNS&仮想住宅展示場「まどりむ(MyDreamHome.jp)」のリリースですが、既にWeb上には、そのベータ版(試作版)がアップロードされています。→こちら
 まずは、覗いて見てください。(続く)
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック