FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

【本日でブログを651日連続更新中】

 この4月1日から、長期間の使用に伴い生ずる劣化(経年劣化)により安全上支障が生じ、特に重大な危害を及ぼすおそれの多い住宅設備・家電製品9品目について「長期使用製品安全点検制度」が設けられます。

対象は、次の9品目。

・屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用)
・屋内式ガス瞬間湯沸器(プロパンガス用)
・屋内式ガスバーナー付ふろがま(都市ガス用)
・屋内式ガスバーナー付ふろがま(プロパンガス用)
・石油給湯機
・石油ふろがま
・FF式石油温風暖房機
・ビルトイン式電気食器洗機
・浴室用電気乾燥機

 まだ記憶に新しい石油やガスの暖房機、給湯機で人命にかかわる事故が何度も起きたことを受けて始まる制度です。

 この制度は、前述した9品目の製造又は輸入事業者に加えて、小売販売事業者、不動産販売事業者、建築事業者、ガス・電気・石油供給事業者などの事業者が適切に役割を果たして経年劣化による事故を防止するための制度です。

 更に、消費者側も、一定の役割(責任)が求められています。

 また、経年劣化による注意喚起表示の対象となる家電製品5品目について、経年劣化による重大事故発生率は高くないものの、事故件数が多い製品について、消費者等に長期使用時の注意喚起を促すため「長期使用製品安全表示制度」が設けられます。

・扇風機
・換気扇
・洗濯機(洗濯乾燥機を除く)
・エアコン
・ブラウン管テレビ

 普段の生活の中で、かなり意識しないといけない制度だと思います。

 次回、もう少し詳しくお話します。(続く)

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 ブログへの応援 ポチッで現在の全国順位がわかります。

にほんブログ村 住まいブログへ←【20年度上半期=TOP5入り

←【20年度上半期=全国1位

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
点検の
費用はどうなるんでしょう?
最初の2~3年無料だと、最初の2~3年しか点検を受けない人がでる気がします。
2009/03/30(Mon) 20:32 | URL | 富士ハウス被害者 | 【編集
RE: 富士ハウス被害者さん
今日のブログに書きましたが、これからは、危険要素のある住宅設備や家電は、自動車と同じだと考えることを求められます。

車検と同じだと言う認識が広まれば、消費者にとっても、費用負担は自然なことと受け止められるでしょうね。

そこに行くまでが大変でしょうが。
2009/03/31(Tue) 20:32 | URL | 馬渕@しあわせデザイン | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/01(Wed) 17:41 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック