FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 マンションディベロッパーのアーバンコーポレーションが、約2500億円の負債を抱えて、民事再生に入りました。これ以外でも、中堅どころの不動産系会社の倒産などが相次いでいます。

 その大きな理由は、3つあるようです。

一つ目は、建築確認申請の遅れによる建設の遅れ。
二つ目は、建築資材の高騰。建築確認申請の遅れが生じている間に、どんどん原材料費が上がるため、当初予算から合わなくなり、余計に事業計画が狂います。
三つ目は、不動産融資の冷え込み。米国のサブプライムローン問題に端を発して、国内外の不動産ファンドや銀行が、急に資金を出さなくったため、資金繰りがつかなくなったということです。

 実は、私が最も愛する会社の一つ、都市デザインシステム社が、29日に民事再生の適用を受けました。

 ショックでした。

 そのプレスリリースはこちら。

 私にとって、8年前に中電の社内ベンチャー制度で起業する時に、最も影響を受けた会社の一つで、実際に、名古屋において、コーポラティブハウスのプロジェクトを共同で手がけた相手です。

 社長の梶原さんとは、何度もお会いし、尊敬しています。

 半年前は、同社の新オフィスにもお邪魔して、そのユニークさをこのブログでも紹介しました。

 プレスリリースにあるとおり、何かの事業に失敗したのが理由ではなく、上記3要素による資金繰りの悪化が原因です。

 事業の内容は素晴らしいもので、キッザニアジャパンの株主でもあって、社会貢献活動も沢山されている、とても素敵な会社であるだけに、自分のことのように悔しいです。

 事業性があるから、民事再生にて、事業の継続が認められたのでしょうから、是非とも、上手く行くように願い、応援したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
良い記事だな、応援したいな、と思われたら、
 ココ『日本住まいブログランキング』のクリックをお願いします。
*クリックすると今の順位が出ます!【昨日=全国 4 位
 こちら『FC2建築ブログランキング』もお願いします。
*クリックすると今の順位が出ます!【昨日=全国 1 位(連続452日)

(*どちらも、記事の前にあるバナーと同じランキングサイトです。)
テーマ:住まい
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック