FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 私の好きな番組のひとつが、NHKの「プロフェッショナル―仕事の流儀ー」。

 昨夜の放送は、慶応大学の小池 康博教授。

 超高速プラスチック光ファイバー研究・開発の第一人者で、今後の高速通信インターネット社会の需要に答える製品を開発したことで有名です。

 小池教授は、14年間、挫折に挫折を重ね、それでもあきらめずに、この分野を研究し続け、ついに、画期的な光ファイバーを開発します。

 14年間です。すごいことです。

 私が、中部電力の社内ベンチャーを創設したのが8年前でですから、まだ、その半分。目指している「住まいづくりで、作る側も住む側も幸せになる世界」は、まだ道半ばですが、「あきらめない」と決めれば、小池教授の14年には、まだ6年もあります。(笑)

 番組内のインタビューで、心に残ったのは、次の二つです。

「研究を続けていると、必ず壁にぶち当たる。そんな時、小池には貫く流儀がある。目の前の壁を見るのではなく、研究の原点に立ち返り、根本を見つめなおすこと」

 目の前の問題を小手先で解決しようとすると、全体最適から外れることがあります。常に、根本の軸がぶれないことが大切なのだと言うことです。

 これは、ビジネスでも、家づくりでも同じだと思います。

 限られた予算、時間の中で、優先順位を付けながら進める時に、根本の目的や夢に立ち帰り、優先順位や解決方法を考えることで、解決の方向が見えるからです。

 二つ目は、インタビューの最後の質問「プロフェッショナルとは?」

 「着実に一歩一歩未来をつくっていく。未来をただ予測するのではなくて、未来を作って行ける人がプロフェッショナルだと思います。」

 私は、「コンサルタント」と呼ばれる仕事をしていますが、えてして、この職種の人の得意が「予測すること」です。

 私が目指すスタイルは、「未来を作ること」です。
 だから、自分自身が起業家でもありたいのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
良い記事だな、応援したいな、と思われたら、
 ココ『日本住まいブログランキング』のクリックをお願いします。
*クリックすると今の順位が出ます!【昨日=全国 4 位
 こちら『FC2建築ブログランキング』もお願いします。
*クリックすると今の順位が出ます!【昨日=全国 1 位(連続448日)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
小池康博 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
2008/08/27(Wed) 17:21:20 |  気になるキーワードでブログ検索!