fc2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

短時間睡眠の話題が多い私のブログですが、読者さんから、勇気が出る情報を頂きました。

プレジデントオンラインからの抜粋です。
「中高年が健やかに過ごすために、睡眠時間はどれくらい必要か。三代にわたって90年以上睡眠研究を続ける睡眠医療専門家の遠藤拓郎さんは「我々は子どもの頃から『8時間は寝なさい』と教えられてきたが、それは中高年にそのまま当てはまるわけがない。
(中略)
問題なのは、7時間以上の睡眠です。8時間、9時間、10時間と睡眠時間が増えるにつれて、死亡率がどんどん上がっていきます。」

つまり、長時間睡眠のほうが早死にしていると90年超の研究が証明しているとのこと。

遠藤先生は、10年前、『4時間半熟睡法』という本をビジネスパーソン向けに書かれており、その中では、短時間睡眠の限界は「4時間半」だそうです。

実は、私の目覚ましは、基本、4時間半の睡眠時間設定。
まれに、3時間とか1時間半。
この90分のサイクルは、レム睡眠とノンレム睡眠のセット周期に合わせたもので、このインターバルで眠り、起きると、すっきりと目覚められるからです。(と、思い込んでる(笑))

私の場合、睡眠を削らないと仕事が間に合わないという強迫観念はゼロです。
早く起きて、大好きな仕事、人の期待に応えるための仕事を少しでも沢山やりたいだけです。

だから「私は○時間寝ないと、ボーとしてダメなんです」という人から見ると、「いつ寝てるんですかぁ!?死んじゃいますよ!!」と心配されますが、「それは思い込み!寝不足で死んだ人はいない(死因が「寝不足」と言う人はいない」という意味ですが)」も、よく口にします。(笑)

良い論文を紹介いただき、自信を持って、「短時間睡眠」を続けます。(笑)

【ブログ6091日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:暮らし・生活
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
ダメ派
私は睡眠不足ダメ派です。
2024/02/20(Tue) 14:18 | URL | デュプュイ取る | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック