FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 昨夜行われた「町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー名古屋校」の公開プレゼンテーションの話の続きです。(詳しくはコチラ)
 いよいよ生徒たちのプレゼンテーションが始まります。目の前に150名の観客を前にしてですから、発表者も緊張します。最初は、プランのタイトルとそれに至った理由から。実は、このタイトルが非常に重要です。↓(発表の様子)
2006公開プレ-プレゼン

 生徒たちが日頃から見聞きしている社会や人々の意識の変化をマーケティング調査によって抽出し、「だからこのクライアントの住まいには、こんなライフスタイルを実現するプランを提案するのです」というプレゼンテーションが求められます。

 インテリアコーディネーターは、モノやカラーの組み合わせを提案するだけではなく、お客さまに「暮らしと空間」を提案するのが仕事です。そこには、お客さまが自分では表現し切れなかった潜在的なニーズさえも表現できる深い洞察と表現力が求められます。

 そして、各グループの発表が終了して、表彰式。↓
2006公開プレ表彰式

 今年の優勝はグループ名「トライアングル」のテーマ「真生活」に決定しました。グループ内の意見をまとめて、メンバーの誰もが納得できる案にするまでの議論白熱状況や、徹夜を何度もしてプレゼンボードを作成したことなど、苦労話をしながら、思わず涙も光ります。

 チーム「トライアングル」さん、優勝おめでとう。そして、優勝できなったけれど、どの生徒もこの公開プレゼンテーションのために頑張ったことに、心から「お疲れ様」。

 その後、参加企業3社(積水ハウスリフォームさん、川島織物セルコンさん、INAXさん)から、企業紹介。インテリアコーディネーターがどんな風に活躍しているか、またどんな人材を欲しているかというポイントまでお話いただきました。
2006公開プレ-企業プレゼン

 
 最後は、参加企業の皆様にブースを設けていただき、就職フェアです。↓
2006公開プレ-就職フェア

 来春卒業する生徒たちが、熱心に各企業の話に耳を傾け、質問もします。インテリアコーディネーターの資格取得や養成をうたう学校はいくつもありますが、このようにわざわざ企業が出向いて、一つの学校のために就職説明会を開くのは、他にはないと思います。

 これも、町田アカデミーが、それだけ実業界から「実践力のある」「即戦力となる」人材を輩出していると認められていることの一つの証なのでしょう。

 がんばれ!未来のインテリアコーディネーターたち!!
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック