fc2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

仙台地裁の判決です。

河北新報の記事より】

仙台市泉区のマンションの凍結した駐車場で転び、けがをしたのは管理組合が除雪をしていなかったためとして、住民の50代女性が治療費や慰謝料など約260万円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁は25日、管理組合に約50万円の支払いを命じる判決を言い渡した。



この女性は、積雪があったマンションの駐車場で、雪かきをしようとして転倒して左脚を骨折し、2度の手術を受けたそうです。

判決理由は、
組合と住民との駐車場使用契約に基づき、住民が駐車場で車を駐めたり移動したりできるようにする義務は組合が負い、「転倒防止のための安全配慮義務も負っていたと認めるのが相当」
「組合が事故の起きやすい時間や気温、危険を減らす歩き方などを周知する義務を怠った」

一方で、組合に除雪や除氷の義務があったとの女性の主張については、事故当時の積雪が約10センチと少なく、車の移動に支障がなかったことなどを理由に退けたとのこと。

これ、かなり気になる判決です。

いったいどのような駐車場使用契約の文言があったのでしょうか?
判決では、「安全に対する周知などを怠ったのが理由」と読めますが、注意をしたら、逆に、転倒しても、責任はないということになりますよね。

今の時代、やったことの責任よりも、やらなかったことの責任が問われるようになってきました。

「これをやっておけば、後で、責任を問われにくい」というアクションをイメージするのは、かなり難しいです。

そういう時こそ、専門家の知恵を借りる必要があり、組合にマンション管理士顧問が必要な時代じゃないかな、と思います。

【ブログ5337日連続更新中】
(翌日に前日分を書くケース等も含んだ日付連続更新)
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック