fc2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

顧問先のマンションで、今年から管理の評価が始まりますよ!と言う話を、理事会がある都度、お伝えしています。

最初は、そうなんだ!と言う表情ですが、そのために、何らかの負担が生じるとの話になると、ちょっと雲行きが変わるシーンもあります。

「今、顧問がついていて、管理会社への牽制も効いていて、長期的な財政見通しも明るいのに、なぜ、今更、評価を受ける必要がある?」

「行政が、私の家の評価をするなどと言うのは、余計なお世話じゃないの?」

「それが、マンションに住んでいる人の世論なの?誰が必要としているの?」

うーん、確かに、今回の評価制度は、マンションに住む人から上がってきた世論ではありません。
しかし、問題が広まったことで、新たな制度ができることもあれば、未来を予見して新たな制度を作ることもあります。

前者は説明がしやすく、後者の説明には高い専門性が必要でしょう。

住民の理解を得るための啓発は、なかなかハードルが高そうです。

【ブログ5335日連続更新中】
(翌日に前日分を書くケース等も含んだ日付連続更新)
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック