FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

顧問先マンションで、住民から管理会社への問い合わせで、
「リフォームや引っ越しの際の手続きを教えて欲しい」との依頼。

管理会社が作成した配布文書をチェックし、完成したのがこちら。

リフォーム・引っ越しの注意点(お知らせ)

日頃より組合運営にご協力頂きまして誠にありがとうございます。表記の件につきまして、リフォーム・引っ越しをする際は必ず、管理会社までご連絡をお願いいたします。特にリフォームについては、「届出」だけでは実施できず、必ず「理事会の許可」が必要となりますので、ご留意願います。

【リフォーム申請手順】
① 管理会社へ連絡する。(工事の2週間前までに)
② 申請者(居住者)は規約に従い、リフォーム工事(工事音が発生するもの等)はリフォーム案内(掲示用)、申請書、工程表を付けて、理事長に申請する。
③ 管理会社及び馬渕顧問にて、申請されたリフォーム工事がマンションの規約や構造上問題がない旨の確認結果を理事会に伝え、理事会が承認し、結果を申請者に連絡する。※規約や構造上、承認できない工事が含まれている場合は、工事の取り止め又は変更をお願いすることとなります。
④ 管理会社がリフォーム案内を掲示し、申請者の責任で工事を実施する。(各戸へのお知らせ文書の投函は、申請者(リフォーム会社)で行ってください)

【引っ越しの手順】
①管理会社へ連絡
 ②引っ越し業者又は居住者にて掲示板に案内

※リフォーム・引っ越しをする際は必ず、業者に共用部への養生をしていただきます様、ご連絡をお願いいたします。



上記のうち、リフォーム申請手順の③の最初は、「申請されたリフォーム工事がマンションの構造上問題がない旨を確認」でしたが、「申請されたリフォーム工事がマンションの規約や構造上問題がない旨を確認」に変更。

構造上の問題がなくても、シェアハウスへの改造などを防ぐため、「規約上問題がないかどうか」もリフォーム要件に加えた方が良いからです。

【ブログ5094日連続更新中】
(翌日に前日分を書くケース等も含んだ日付連続更新)
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
書類審査
リフォームは、書類審査する。
実際の工事の確認をしない。
もし何らかの問題が生じた場合は、提出書類との違いを主張する。
というイメージでしょうか。
2021/05/27(Thu) 22:42 | URL | デュピュイ取る | 【編集
RE:書類審査
デュピュイ取るさん

組合は実際の工事の確認はしませんね。
ただ、問題があれば、立入調査を行う権限は規約に定めてあると思います。
2021/05/28(Fri) 01:13 | URL | 馬渕@しあわせデザイン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック