FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

定期総会で、色々な懸案事項を考えたいという顧問先からの質問。

Q1,管理室内の書類保存スペースがいっぱいなので、エントランスホール壁際に、書庫を設置しようかと考えていますが、有りでしょうか。

A1:共用部の使用は、特定の区分所有に影響がなければ、総会決議により、可能です。

2,町内会を脱退してから、防災用品をマンション自前で用意する必要性を感じています。
エントランスホールの壁際に、椅子兼用の横長収納ボックスを数台置きたいが、有りでしょうか。

A2:A1の回答と同じです。ただ、窃盗にあわないような工夫が必要だと思います。

Q3,区分所有者が高齢など、意思表示ができなくなる前に、個々の総会ごとではなく、これから配偶者や子を継続して代理人として選定する事は、やはり、難しいか?

A3:管理規約で定められた代理人に現に有効な委任状が発行されていれば、可能です。また、成年後見人に議決権行使をゆだねることも可能だと思いますが、これについては、マンション組合関係の法律や規約では読み解けないので、弁護士に確認してください。

Q4,役員辞退の場合、当マンションは理由を問わず協力金の一括払いとなっているが、定年や病気は認めるなど、どんなルール例がありますか。

A4:例)重度の介護者、後期高齢者、海外赴任者など、数値上や物理的に明確な線引きができる人が、役員の辞退ができる旨を定め、組合協力金を支払うこととする。理事会が、個別の事情を考慮して、役員の辞退を認める認めないという運用は、避けた方が良いでしょうね。

【ブログ5091日連続更新中】
(翌日に前日分を書くケース等も含んだ日付連続更新)
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック