FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

先日、次の相談がありました。
◎自分のマンションが第1回目の大規模修繕工事の時期を迎えて、昨年、修繕委員になった。
◎管理会社のリードで、話が進み、管理会社に大規模修繕工事を依頼することになった。
◎近々に、管理会社に大規模修繕工事を依頼する議案を総会に上程することになっている。
◎実は、ある人の紹介で、私のことを聞き、3月に行われたマンション管理学校で私の講義を聞いて、その後、本も読み、この人にコンサルティグを頼みたいと思った。

もう総会議案まで出ているのに、今から、当社にコンサルティングを依頼したいと言われても、難しいのではないかな?と思いつつ、この方に私を紹介いただいた方は、私に講演を依頼頂いたこともある不動産関係の方でしたから、とにかく、一度お会いすることにしました。

今まで、類似の相談を受けたことは何度もありますが、相談者の話と実際の議案とを比べると、違うことはよくありますし、仮に、今回の話の通りの議案であれば、当社のコンサルティングに強引に切り替えさせることは考えませんが、より良い工事を行うためのアドバイスはできますからね。

そして、面談日。

持参された総会議案書を見ると、確かに、「管理会社一任方式」の議案上程。

しかし、話をお聞きすると、修繕委員会が開かれたのは、昨年の秋で、それ以降、特段の会合はないまま、理事会で議案が固められ、総会議案になっていた経緯が浮かびました。

総会に議案上程はされていますが、それは否決される公算が大きいとのことで、それ以外でも、割高な工事費の議案についても、反対であり、今回の一連の、いささか強引な管理会社の手法にくぎを刺す総会になりそうです。

住民の方々の意思で、管理会社一任方式の議案が否決されたら、その段階で、当社の勉強会を企画いたしましょうとアドバイスをさし上げました。

【ブログ5084日連続更新中】
(翌日に前日分を書くケース等も含んだ日付連続更新)
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
多数決
【総会に議案上程はされていますが、それは否決される公算が大きいとのことで、それ以外でも、割高な工事費の議案についても、反対であり、今回の一連の、いささか強引な管理会社の手法にくぎを刺す総会になりそうです。】
管理組合は多数決の世界なので、(普通決議なら)総会は過半数の出席(議決権行使書など含む)で成立し、さらにその過半数で議決されます。その前に理事会で議案を決めるのも同様です。
管理組合活動に危機感を持ってしまった人には、そのあたりが壁となって立ち塞がります。
ただ、「否決される公算が大きい」とありますので、その方はかなりマンション内で信頼厚いということなのかもしれませんね。
2021/05/19(Wed) 19:49 | URL | デュピュイ取る | 【編集
RE:多数決
デュピュイ取るさん

一旦は、管理会社のペースで議案上程してしまったが、議案書配布の後、修繕委員会が理事会に相談し、経緯を書いたチラシを投函して、議案への反対票を投ずるように呼び掛けているそうです。

こうして、組合全体として、軌道修正が図られていくようです。
2021/05/20(Thu) 06:56 | URL | 馬渕@しあわせデザイン | 【編集
10年以上前に
私も10年以上前に、管理会社の当時のフロントさんの言動があまりに的外れで、通常総会の議案にも不審点があり、「○○の理由で反対して下さい」と配った事を思い出しました。
2021/05/20(Thu) 11:28 | URL | デュピュイ取る | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック