FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

第42回目のMAKSの月例勉強会のテーマは、「塗装」。

大規模修繕工事の際には、現状の外壁の劣化や組合の予算に応じて、塗装を選択します。

一般的に塗装面は、かなり大きいので、どれくらいのグレードの塗装を行うのかで、数百万円違うことにもなります。

保証年限も変わります。

正確に言うと、使う材料だけでなく、塗る前の下地の状態によって、厚塗りするのか薄塗りにするのか(マスチックローラーを使うのかウールローラーを使うのか)、によっても違います。

これらの選択は、現地調査により決めていくのですが、予算の問題もあるため、長寿命を目指して、高い材料を使う選択もあります。

屋根か外壁か上裏(天井)かの部位によっても、使う材料の種類が違います。

もちろん、メーカーによって商品ラインナップが違います。

昨夜は、国内トップの塗料メーカーにお願いし、講師を務めていただき、ZOOMで19時から21時まで、みっちり勉強しました。

大規模修繕工事コンサルタントとして、劣化判断の経験と知識とセットで、自分の専門能力に蓄積していくことが必要です。

【ブログ5079日連続更新中】
(翌日に前日分を書くケース等も含んだ日付連続更新)
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック