FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

名古屋市内の顧問先マンションで、1年半かけて取り組んできた機械式駐車場の撤去・平面化工事が始まります。

長い間、空き区画が埋まらず、平面区画と機械式駐車の料金の金額を変えたり、2台目、3台目駐車の料金を下げて、外部に出て行った車を呼び戻す工夫をしたが、まだ、空き区画が残る中、機械式駐車場のメンテナンス費は必要で、しかも、築24年目で、大規模な修繕工事の提案の時期となった。

さてどうする?

出てきたアイディアが、機械式駐車場撤去。

今回、大変なのは、これを機会に、外部に出て行った車を呼び戻すために、いびつになっている駐車料金を適正にすることも一緒に考えて欲しいという依頼であること。

現在の駐車料金が全部変わるかも。

もちろん、
機械式駐車場の撤去・平面化の工事費。
撤去による維持費の低減。
駐車場収入の将来予測。
と言った要素を盛り込み、修繕積立金の改定の必要性もシミュレーションする。

これらの計算ができたとしても、
既得権を主張する人もいるが、納得理解を得ていただくにはどうする?。

機械式駐車場は1機残るので、駐車場の再抽選を行う際に、サイズ制限を考える必要もある。

変数が多過ぎ(笑)

しかし、この苦労を乗り越えて、ここまでたどり着きました。
理事会も管理会社も、かなりの注力をしていただき、難しいパズルを解いた感じです。

いくつかの工法の中からコンペで裏ばれたのが、剛力建設社の「スマートデッキ」工法。

完成した暁には、MAKSの認定コンサルタント向けの現地見学会も開催し、今回の解決ノウハウ共有します。

【ブログ5041日連続更新中】
(翌日に前日分を書くケース等も含んだ日付連続更新)
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック