FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

この問題では、遺族が、管理会社の善管注意義務を問う裁判を起こしたと報道されています。

管理員が、斜面の異常を見つけて、会社に報告したが、その後、危険性を察知しながら、関係機関への連絡が遅れたという点が、事故につながったかどうか?が争点の一つです。

この影響として、私は、管理会社が、管理委託契約において、自社の責任範囲をできる限り狭く、限定的にするための改定に着手するのでは?と予想していましたが、実際に、そういった会社が現れました。

その場合、他の条文の改定も入れ込み、
時代に合わせて…、
不明瞭な点をクリアに…、
実態に合わせて…
等の改定理由を添えて、全体のトーンとしては、「今までと変わらない」という説明をするだろうなぁと想像していましたが、これも、その通り。

管理会社には、清掃点検のように、完成品を納品する請負業務と、組合のサポートを行う「準委任業務」とがありますが、責任範囲を狭めるということは、後者業務の縮小化になると思います。

これは、「不利益変更」ともいえる内容の場合もありますから、提案された場合は、じっくり改定案文を読んでくださいね。

【ブログ4970日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック