FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

以下、時事通信社の記事から引用

リニア中央新幹線工事をめぐる談合事件で、公正取引委員会は12月22日、独禁法違反(不当な取引制限)で、大成建設(東京都新宿区)、鹿島(港区)、大林組(同区)、清水建設(中央区)のゼネコン4社に再発防止を求める排除措置命令を出した。

談合で工事を受注した大林組と清水建設には、それぞれ約31億円、約12億円の課徴金納付命令も出した。両社は違反を自主申告していたため、課徴金は3割減額された。

4社は2005年に「談合決別宣言」を出したが、宣言後のゼネコンの違反行為を公取委が認定するのは初めてという。

公取委によると、4社は遅くとも15年2月以降、リニア中央新幹線の品川、名古屋両駅新設工事の3工区で事前に受注予定業者を決め、工事を発注したJR東海に提出する見積価格を調整するなどしていた。受注調整は強制調査を受ける17年12月まで続いたとされる。

大成建設と鹿島の担当者は11年ごろから情報交換を開始。その後、大成建設が大林組に「ゼネコン同士で価格競争するのはやめよう」と談合を持ち掛け、3社で会合が開かれるようになった。15年2月ごろまでに清水建設も加わり、4社で工事を分け合うことで合意したという。

事件をめぐっては、東京地検特捜部が18年3月、法人としての4社と、鹿島と大成建設の元幹部を起訴。大林組と清水建設は公判で起訴内容を認め、それぞれ罰金2億円、同1億8000万円が確定した。鹿島と大成建設は無罪を主張しており、来年3月に判決が言い渡される予定。

大成建設は「命令の内容を検討し、対応を決定する」、鹿島は「違反認定は受け入れられず、命令の取り消し訴訟の提起を検討している」とコメント。大林組と清水建設は「コンプライアンスの徹底に取り組む」などとしている。



いつの時代でも、公取委の言っていることが、すべて正しいとは限ませんが、少なくとも、2社が認めているというのですから、犯罪の認定の白黒まで至らなくても、何らかの工事受注調整、あるいは価格調整があったのでしょう。

そうだとすると、建設会社の「脱談合宣言」は、アテにならない。
マンション大規模修繕工事でも、クリーン宣言をしたコンサルタント(設計事務祖)が、実は、相変わらず談合をしているという記事が出たり、私も、色々な業者から、「変わったのは、手口。談合体質は変わってない。」という話を直接聞いています。

中には、相変わらず「談合は必要悪だ」という業者もいました。

こんな世界で、弱者の組合が搾取されるのは、見ていられません。
MAKSは組合のために戦い続けます。

【ブログ4942日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック