FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

マンションにとって、機械式駐車場は、経年と共に「お荷物」になるケースが多い。

これまで、10例以上の機械式駐車場解体プロジェクトを手掛けてきた。

難しいのは、解体した時の駐車場台数減少に対して、再編をどう行うか?

これは、全住民に影響するため、将棋のように、何十手も先まで読まないといけない。

実際に、実現までに、どの程度の業務量が生じるのかは、やってみなければ、わからない。
分からないのだから、かかった分だけコンサルティング報酬を下さいとも言えない。

いや、そもそも、そういう具体的な話になるのかどうかは、ある程度の全体像やゴールが見えないと、コンサルティングを依頼するという話にならない。

従って、知恵と時間を使って、提案した結果、このままで行きましょう!となったら、報酬は発生しないということもある。
まあ、ビジネスとして考えたら、機械式駐車場廃止問題には、関わらない方が良いよ!と間違いなくアドバイスします(笑)

でも、MAKSは10例以上。

それは、管理組合をこれでもかっと言うくらい幸せにすると決めているから(笑)

結果、解決のノウハウが貯まり、解決のための方程式が見えている。

今、沖縄と名古屋で、同時並行で、機械式駐車場解体プロジェクトが進行中。
どちらも、ゴールが見えてきた。

【ブログ4791日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
そもそも
こんばんは。
【マンションにとって、機械式駐車場は、経年と共に「お荷物」になるケースが多い。】とあります。
そもそも「お荷物」となるのは
1.メンテナンスに費用がかかりすぎる
2.長期修繕計画にメンテナンス費用があまり反映されていない
3.必要なお金が積み立てられていない
など、考えてみました。
マンションにより「お荷物」になる理由はさまざまだと思いますが、機械式駐車場をどうしても維持しなければならないマンションは、それなりに積み立てていかなければならないのか、それとも、やはり取り壊して代替駐車場を何とか確保しなければならないほど、やっかいな設備なんでしょうか。
2020/07/30(Thu) 02:03 | URL | デュピュイ取る | 【編集
RE:そもそも
デュピュイ取るさん
機械式駐車場は、存続するにしても、廃止するにしても厄介です。
そのパターンと解決方法が多数、複雑で、このコメント欄では、書き切れないですねぇ
2020/07/30(Thu) 02:25 | URL | 馬渕@しあわせデザイン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック