FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

九州で豪雨の災害ニュースを見ると、いつもと違うシーンは、避難所の様子。

家族単位での島が相互に離れている。

インタビューでも、新型コロナ感染防止の観点から、その理由に触れています。

しかし、多くの人が避難して、果たしてこの状態が保てるか?と考えると、難しそうです。

特に、避難所の近隣にマンションがあって、その住民が一斉避難したら、収容人数を大きくオーバーすることになりかねません。

昨年の関東エリアの豪雨災害では、メガマンションからの避難者が避難所難民になったというケースもあったようです。

で、防災に関わる人達の話を聞くと、マンションの住民は洪水の避難勧告が出ても直ちにマンションから避難せず、とどまる方がベターと言う意見が多いようです。停電や断水になった時には、不安感の解消も含めて、避難所に行きたい人もいるでしょうが、それよりも各マンションで非常時の対策を進める事で、マンションそのものに避難所機能を付加する方が、安心できるのではないでしょうか。

また、それであれば、新型コロナ対策という点では、安心ですから、その意味でも、マンションの防災機能を高めることがwithコロナ時代のマンションライフの姿になるのかも。

【ブログ4771日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック