FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

名古屋市内、築8年目、40戸台のライオンズマンションと「管理適正化コンサルティング付き顧問契約」を結んだのは、今から4年前です。

最初の2年間で、「管理適正化コンサルティング」が終了し、現在は、「顧問契約」のみ。

役員任期に合わせて、2年間の契約なので、今年がその期間満了年です。

更新するのであれば、理事会において、定期総会の議案に上げるかどうかを決めてもらうことになりますが、私は、毎回、理事会に出席するので、本人を目の前に、意見集約するのは、本音も出にくく、やりにくいのであれば、事前に、理事会メンバーにアンケートを取っておいてくださいと理事長にお願いしておきました。

この組合は、築4年目の組合運営大改革以来、理事に加えて、管理検討専門委員が毎回、理事会に参加し、ライングループも組んでおり、意思疎通も図れていますので、私のリクエスト通りに、アンケートを取っていただき、次の通り、回答を頂きました。

◎2年間の顧問契約更新時期のため、意見を伺います。

Q1:顧問業務の内容・目的は以下の通りです。
 ・管理会社業務に対する監査・指導
 ・管理会社からの提案工事の内容や価格の査定・コストダウンの実現
 ・管理会社との交渉におけるアドバイス
 ・以上を含めた管理組合の健全で活発な運営・活動支援

上記に対する評価は?
 ①期待を上回る ②期待通り ③期待を下回る

A:②期待通り


Q2:上記の理由、あるいは2年間の顧問業務に対する感想は?

A:理事会、臨時総会、総会の場で管理会社主体のスタイルを崩し、組合が主体の場作りに貢献している。また、第三者が入る事でお互いに一定の距離感が保て、多面的に物事を判断かつ検討ができている。判断に迷った時に任せられるため、理事会運営がスムーズになっている。


Q3:顧問契約の更新について
   ①更新について賛成 ②どちらとも言えない ③更新は不要

A:①更新について賛成


Q4:更新に賛成の方→顧問に対する要望があれば、記載してください。

A:コンサルに入ってもらった目的は、管理組合の適正な管理運営を行う事です。
【過去】その第一弾としてコストダウンに成功しました。
【現在】第二弾としては、コストダウン後、その成果を維持する事。
【未来】さらに第三弾として大規模修繕工事での耐用年数に応じた適正適格な工事の実施です。

第一弾の成果を現在維持できていますが、今後の課題となる大規模修繕工事は、これまで以上に検討すべきことが多いと予想されます。その結果を左右することが十分に考えられるため、第三者のサポートは必要だと思います。

理事会メンバー及び管理検討委員会メンバーは感謝しております。
今後ともサポートをお願い致します。



「マンション管理士顧問」という仕事は、理事の皆さんも、馴染みがないので、比較が難しいと思いますが、今後への期待を含めた評価は、非常に励みになりますね。

管理会社も、顧問に負けないようにと、相当頑張っていただいており、良い緊張関係になっていると感じています。

このマンションは、地上4段の機械式駐車場が2基あり、将来のリニューアルに莫大なお金が必要なことがわかっていますが、コンサル開始後2年間で、組合の一般会計(管理費会計)を劇的に改善した上で、積立金の値上げを行い、1回きりの値上げで、将来の値上げは不要という状態になりました。

更に、この状態の組合運営が続けば、大規模修繕工事まで、しっかりとお金が貯まり、しかも、クレバーな理事経験者が増えて、成功させることができると思います。

【ブログ4689日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック