FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日の続きです。

「貴マンションの管理規約では、水道料についても、使用者が賃借人でも、その使用料は、
区分所有者に請求することが、定められています。
(他のマンションでは、水道使用料のみ賃借人から口座振替するケースもあります)」

のところで、
「もし、水道使用料を口座振替で賃借人から直接支払ってもらっているなら、時間貸し駐車場使用料も同様にすれば問題ないのでは?」という質問。

実務的には、管理会社がイエスと言えば、可能です。

ただし、もし、滞納があったら、その督促は管理会社がどこまでやってくれるのか?は聞いておく(決めておく)必要があります。

それは、水道使用料も同じことです。

組合にとって財産保全上、間違いないのは、賃借人が2カ月以上滞納した場合は、区分所有者に支払ってもらうことを最初から第3者貸与届に記載しておくことでしょうか。

とにかく、管理組合にとって、賃借人への特別な配慮を行うために、管理委託費が上がったり、自分たちの負担がふえることは、避けたいところなので、ルールは、シンプルな方が良いでしょうね。

【ブログ4671日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック