FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

 住まいづくりをするんだから、住宅総合展示場へ!と行かれたAさん、そして、その話を読まれて、ご自分も同じよう体験をしたことがあると、コメントいただいたきょうべさん。(前回の詳しい話はコチラ
 どちらも、ハウスメーカーのモデルハウスで、話を聞かされれば聞かされるほど、何が正しいのかわからなくなってしまうという例です。そういう人がホントに多いのですが、この結果、どの会社に決めるのかは、「営業マンが信頼できそうだったから」ということが大きな理由になってしまいます。

 しかし、ここでハウスメーカーの営業のルールを知っておかないと、勘違いが起きます。大手ハウスメーカーの場合、モデルハウスでお客さまに最初に接触した人が、そのお客さまの担当になるケースがほとんどです。途中で担当者を変えて欲しいと言われたら大変ですから、その営業マンは、何とか契約しようと努力します。従って、「一生懸命な人=信頼できる人=良い家を作ってくれる人」と思い込むことも良くあるのです。

 逆に言うと、自分で勉強した結果、このハウスメーカーで建てたい、と思っても、最初に接客してくれた担当者の技量とか配慮の良し悪しによって、その後の家づくりも大きく変わるということになります。

 そもそも、設計をする人も、工事をする人も、当然営業マンとは異なりますから、それぞれの専門スタッフへの引継ぎがどうなるのか、が非常に大切なことになりますね。

 さて、Aさんの場合。

 実は、大手ハウスメーカーで建てるとしたら、いくら「自由設計」と謳っていても、会社によって、ある一定の条件で建てることになる、ということを、当社に来られて初めてお知りになりました。たとえば、工場であらかじめ部屋の箱形を作って、現地で積み木のように組み立てていくユニット工法。これは、クレーン車で積み上げていくので、前面の道路や隣地にクレーン車が入る余裕が必要になります。

 躯体(家の骨格)が重量鉄骨造を望むのであれば、軟弱な地盤では無理ですから、地盤改良や深い地底まで届く基礎杭を打ち込まないといけないこともあります。

 こういう例を挙げると、まだまだ一杯あります。これらを事前に勉強すれば、話を聞きに行くハウスメーカーそのものを最初から絞ることもできます。

 実は、Aさんの場合は、お話を伺うと、そもそも大手ハウスメーカーで建てることが、果たして合っているのか?という、かなりこだわりのあるご希望を持っておられました。そして、最終的には、建築家に依頼することになります。

 そのあたりの具体的なケースは、リブネットのHPの「サポート事例」コンサルタントブログで、紹介していますので、是非ご覧ください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック