FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

沖縄のマンションで、管理適正化コンサルティングの説明をした時のQ&Aです。

Q:契約期間は2年契約が条件でしょうか?1年では駄目でしょうか?最低期間は何年でしょうか?

A:1年目で体質改善を行い、2年目で定着のための点検を行います。また、その間で、管理会社依存型の組合運営を住民主導型に変えます。

〇〇(理事長)さんのような「ものを言える人」が、この先も理事長になるとは限らないため、誰が理事長になっても、健全な組合運営ができるようにするには、2年間が必要です。

また、コストが大きく下がるので、組合員は心配になりますが、2年間のプログラムにより、「やり逃げ」じゃなく、責任ある姿勢であることが伝わります。

また、2年間で、健全な管理体制の定着まで持っていくことでMAKSの「10年保証」ができます。

  以上から、2年間のプログラムです。



当社は、「コスト削減ビジネス」をやっているものではなく、マンション管理組合「の管理を適正化するコンサルティング」が仕事です。
その過程で、最適コストでの実現を目指すと、現行の「メタボ状態の管理」から、抜けて、コストが下がるのです。

本気で、ダイエットしたい人が、お金を払って専門家の指南を受け、体質改善し、さらに、リバウンドしないようなアフターフォローもついている…それが、MAKSの「管理適正化プログラム」です。

【ブログ4459日連続更新中】
にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック