FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日で、この話は、「解決」で終わる予定でしたが、さらに、続きが…。

雨漏れ原因となったベランダの区分所有者が、下階の区分所有者と話し、
「漏水は、昨年の異常な台風の時に生じたもので、普段の雨では漏れないことから、足場を組んで、大掛かりな大規模修繕工事(2~3年後)まで、待つことはできないか?」と聞いたら、「それで構わない」との返事があったとのこと。

現時点では、間接的な情報で、口頭の話。

当事者同士は、上下階の関係で、遠慮があるかもしれません。

もし、下階に大きな被害があったら、心境の変化があるかもしれません。

だからと言って、「後で文句を言わない」と念書を取るようなことを求めて良いものか?

今度は、規約や法律の問題ではなく、極めて微妙な人間関係や心情の話になってきます。

さて、どうすればよいか?
つい先日話なので、結論を出すのはこれからです。

【ブログ4368日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック