FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今、あるリゾート型マンション(築27年目、約90戸)の管理適正化を進めています。

最初、相談に来られたのは、数年前に、そのマンションを取得し、初めて理事長になった方。

オーナー居住者以外の賃貸者や定期的に来るオーナーも多く、温泉もあるため、普通の分譲マンションの居住者と異なる意識を持つ人も少なくありません。

また、設備も特殊なものがありますので、その保守管理も特殊。

駐車場は、以前は賃貸だったが、数年前に、ある事情で、その土地を借金をして購入し、返し終えたが、未整備。

修繕積立金は足りないことは明らかですが、長期修繕計画はなく、有効な手立てが見つかっていない状況。

ご自身が経営者なので、組合の運営を経営的視点からみたら、「これでは、危うい!」と感じて、色々と調べ始めたが、専門家の力がいると痛感。

そこで、当社の存在を知り、今から1年ほど前に、相談に来られました。

初回の面談で、「コンサルティングを依頼したい!」と希望いただいたのですが、冒頭で述べたように、組合員の意識もバラバラですし、ご意見番的な組合員もおられ、過去、総会が夜遅くまで5時間もかかった例があるほどですから、1年かけて、慎重に勉強会を重ね、管理組合活動に一言お持ちの方の賛意を得るところまで整えて、この春、ようやく総会で、当社のコンサルティング導入を決めたという経緯があります。

この理事長には、管理適正化プログラムが終了するまでは、理事長を続けてくださいね!とお願いし、コンサルティングに着手しました。

で、管理の実態を調査し始めたり、住民アンケートを実施したら、想定以上に大変!

「大変そうだから、引き受け甲斐がある!」プロジェクトです(笑)

【ブログ4366日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック