FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

第1回目の大規模修繕工事。
タイルの浮きが多すぎると思ったら、MAKSに相談してください。

「築10年を過ぎているから…」と言うのは、事業者側が知識の乏しい住民に使う最もありがちな言葉ですが、その法的根拠はありません。

住宅の瑕疵担保責任が10年なので、そのイメージが一般化しているだけで、実際には、「不法行為に基づく損害賠償」の時効は20年ですから、新築時の施工の不良に起因すると考えられる著しい浮きの場合は、販売主・施工会社との交渉の余地はあります。

もちろん、タイル浮きの原因には、劣化もあります。

しかし、その劣化を早める原因が新築時の施工にあれば、交渉可能でしょう。

専門家に相談することが大切ですが、その専門家選びは、相当に慎重に!
マンション建設者は多くが大手企業です。

そこを相手に戦えるのは、勇気と正義と技術と実績のある専門家。
また、法廷闘争に持ち込まずに、解決できる粘り強さも大切、

「トラブルを種に生きていないが、正義と住民の幸せのために戦う」という姿勢も大切です。
だから、MAKSに相談してください。

MAKSには、新築マンション設計1000棟を超える一級建築士と管理組合向けコンサルティング実績400件以上のマンション管理士がいますから。(^^)/


【ブログ4349日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック