FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「大和ハウス工業は12日、同社が建設した戸建て住宅と集合住宅の計2078棟が、耐火安全性や基礎の仕様で建築基準を満たしていなかったと発表した。すぐに退去が必要なケースはないとしているが、一部の住宅については速やかに改修工事をするという。

 2001年1月~10年6月に東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬の6都県で販売した賃貸共同住宅200棟は、建築基準法などで定められた耐火基準を満たしていなかったり、柱の仕様に不備があったりした。

 また、00年10月~13年2月に29都府県で販売した戸建て住宅888棟と賃貸共同住宅990棟は、基礎が国土交通相の形式適合認定を受けた仕様に適合していなかったという。」
以上、朝日デジタルニュースから引用。

建築業界の偽装が後を絶ちません。

耐震ゴム、耐震ダンパー、レオパレスの賃貸住宅と偽装が続いていましたが、大和ハウスにも、耐火基準の偽装が発覚。

横浜の杭偽装は、ずいぶん、昔のことに思えてきてしまいます。

今回は、分譲マンションが対象に含まれていませんが、恐らく、大和ハウスの分譲マンションに住んでいる人は、かなり不安でしょう。

直せば済むという問題ではありません。
人の生命・財産に関わる建築という仕事に対する姿勢の問題でしょう。

発覚の発端は、16年12月の社員からの内部通報だそうです。

その後、18年7月から調査委員会を設置して、00年以降に販売した約22万棟について調査を進めたら、違反には約170人の設計者が関わっており、国の認定を得る前に誤って新しい設計、工事をしてしまったことが原因とのこと。

170人もの設計のプロが、同じミス?
ホントかなぁ・・・。

「これが原因」と言えるものが、納得の行く形でつまびらかにされて、初めて再発防止につながると思います。

【ブログ4318日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック