FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

大府市の大規模修繕工事コンサルティング先マンションで、先週から足場組工事が始まりました。

昨日は、タイルの色合わせ検査。
タイル色合わせ

このマンションは、タイルが一様ではなく、エリアによって、3パターンあります。
しかも、1~3色。新築時の在庫なし!

タイルは、色だけではなく、小さなゴマ粒のような点が刷り込まれていたり、表面の凹凸にも特色があります。
それをうまく合わせないと、光の当たり具合によっては、他のタイルとの違和感が大きくなります。

どこまで似せても、100%見極めがつかないとまでは行きませんが、既存タイルとの違いが目立たなくなるレベルに到達させるのがコンサルタントの仕事です。

これ、工事の仕上がりにとっては、非常に大事で、あらかじめサンプルタイルを採取して、試し焼きを行う訳です。

それが出来上がり、タイルの色合わせを行ったというものです。
担当の平山コンサルタントと一緒に、目を凝らし、角度を変え、近づいたり離れたりしながら、選定。

住民の身になれば、パッチワークの壁のマンションは、いやですからね!

今回選定したものを修繕委員に見てもらい、OKをもらえば、GO!となります。

【ブログ4313日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック