FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

顧問先マンションは築20年。

3年前、修繕積立金が圧倒的に不足し、管理会社からは、大規模修繕工事に必要な借り入れすらできません!と言われ、いわば「途方に暮れた」状態でした。

当社のセミナーを受けて、その後、熱心な住民の方の活動のおかげで、当社のコンサルティングを開始。

管理適正化で管理コストの大幅な低減。
電気料金の大幅な削減。
住宅金融公庫からの借り入れを最小限に抑制。
大規模修繕工事のコストダウン。
長期修繕計画の作成。
日常の修繕費のコストダウン。
組合運営の支援。

ありとあらゆる手法を使い、マンションの再生を支援し、財政が健全化。
これだけのことをやり遂げたコンサルティングなので、コンサルティング報酬も、小さくありません。

しかし、その報酬も組合資金に余裕が生じるよう、4年分割で受け取り。

そんな折り、インターホンの不具合が見つかり、調べたところ、部品在庫も少なく、しかも、自火報と一体型なので、かなりの高額。

しかも、この商品は、管理会社が商流を押さえており、非常に大きな収益源となっているので、住民がどれほど頑張っても、組合が安く手に入れることは、かなり難しいのが実情です。

ここまで来て、組合財政の改善に待ったがかかるのか?

この危機に、当方が持つ裏ルート的な商流で、工事を手配し、管理会社の見積りを大きく下回る工事費を実現し、工事実施にこぎつけました。

その承認のための臨時総会におけるデモンストレーションがこちら。
総会での説明写真
恐らく、住民の人たちは、「顧問に頼むと、やっぱり、工事は安くなるんだ」というくらいの感覚でしょうが、実は、管理業界の冷徹なビジネスに挑む当社の過去の努力があります。

【ブログ4280日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています】

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック