FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今日は、岐阜市の58戸のマンションの大規模修繕工事現場で、ベランダの塗装・防水・シーリング・仕上り検査。

両妻側や北側を合わせると、全部で約100か所のベランダがあります。

棚橋コンサルタントと二人で、朝9時半から開始。

検査品質が、ベランダによって変わらないよう、それぞれの見る箇所を決めます。
手直し箇所を見つけると、養生テープを目印で付けます。
工事会社の現場代理人が、図面を持ち、我々の指摘を図面に書き込みます。
ベランダ検査1 ベランダ検査2 ベランダ検査3

当社のベランダ検査は、サンプル検査ではなく、全数検査なので、100か所全部に入ります。

足場から降りるたびに、脚立を用いていると時間が掛かるので、「飛び降りる」→「検査する」→「グッと、登る」の繰り返しです。
これだけの数があると、ほぼ終日かかります。

肉体改造して、体が軽いし、仕事をしながら筋トレできるのですから、一石二鳥!(笑)

同じ作業の繰り返しに見えますが、自分のマンション、自分の住戸だと思えば、集中力は途切れないですし、見えない樋の裏側まで、鏡を使ってチェックします。

ここまで徹底するので、指摘箇所は、数百か所あるのですが、手抜きだとか、やり残しが多発というではありません。

わずかな「塗装の飛び」が、床のシートに付着していたとか、樋の裏側に、塗りの透けがあったことまで、見逃さない検査です。

【ブログ4176日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています】

←【人気ブログランキングに登録しています

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック