FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今度は、保険の話。
多くのマンションで、管理会社は保険代理店として、組合に保険加入を勧めます。

この内容は、必ずしも適切なものとは限りません。
その理由は、過去のブログでも何度も取り上げました。

で、結果、当社の保険選定コンサルティングで、管理会社以外の保険代理店で保険を掛けることも多くなります。

先日の臨時総会でも、そのパターンの保険更新議案。

すると、昨日の「議長に指名されていないのに勝手に話し出す社員」が、「保険代理店が変わると、管理会社は保険事故があっても、お世話できませんよ」という趣旨の発言。

しかし、保険代理店でなくても、管理会社は管理委託契約に基づき、管理会社が第3者とする契約に対して、代行や補助を行う義務があり、また、建物設備の保守を請け負っているのですから、保険事故に関しても、当然、管理組合の依頼を受けて、保険申請を行うのは、管理会社の本来業務です。

しかし、なぜ、こんな大きな間違いを平気で言うのか?
それは、管理組合から保険契約を取りたいから。

そんな卑怯な手口じゃなく、管理組合に最適な保険を提案して、選ばれるような、正々堂々とした仕事をして欲しいなぁ。

【ブログ4089日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています

←【人気ブログランキングに登録しています

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック