FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

「マンション管理組合のためのしあわせデザイン通信」vol.140

■私の好きな言葉■ 
大きな問題ほど大きな人間をつくる

こんにちは。

管理組合は、巨額のお金を長期間、
継続的に扱う企業並みの組織ですが、
その組織力は非常に弱い。

特に建築や設備的なことは、
専門家がいないので、仮に、新築以来の
不具合があるのでは?という事象があっ
ても、販売主や建築会社に対抗するのは
かなり難しいです。

もちろん、住民の中には、建築や設備の
プロがいることもありますが、自分の
会社で、報酬をもらって仕事をするので
あれば、経験・ノウハウ・時間を使って
対応するでしょうが、ボランティアで
マンションのために!とお願いしても
首を縦に振る人は、少ないでしょう。

そもそも、マンションの建設や管理に
関わる企業は、ビッグネームが多く、
現役のビジネスマンであれば、それら
の会社との取引関係があるケースや
今はなくても、それらの会社を敵に
回したくないと考えるのが自然です。

今まで、多くのマンションのコンサル
ティングをしてきた経験では、
その道の専門家で、マンションのために
闘う人は、退職して、企業間のしがらみ
のない人でした。

中には、いわゆる政治力のある現役の
ビジネスマンがいて、新築時の瑕疵問題
の解決をした方もいましたが、これは
相当なレアケースです。

これを企業側から見るとどうでしょうか?

仮に自社側に何らかの引け目がある場合
でも、金銭的な補償が絡む問題であれば
「マンションの住民が困っている」
と言う心情的な話を会社に持ち帰って、
「だから、助けてあげましょう!」は、
ビジネスマンとしては通じません。

いくら、フロント担当者が、
「良い人」
であっても、客観的な事実や証拠がない
限りは、彼らの優先すべきは、
「組合員の気持ち」ではなく、
「会社の利益」です。

一方、組合側の代表者たる理事会も、
組合員からの申し出に、どこまで
受け止めて、対外的な交渉を行うのか
は、デリケートな問題です。

同じ建物に住み、日常的に顔を
合わせる人ですから、証拠があるとか
ないとかではなく、気持ちを汲んで
あげたいと思いますよね。

つまり、マンション側は、
「生活者」
の感覚で対外的にものを言い、
企業側は、最後は、
「ビジネス」として、対処する。

このギャップは相当大きいのです。

当社の場合、既存の建築業界、管理業界
とのしがらみが100%ないという性格
があり、加えて、私を含め、大企業に
勤めていた経験のあるコンサルタントが
いるので、相手がどんなビッグネームで
も、ひるむことはありません。。

逆に、大企業の本社組織のコアな部署に
いた経験があるので、大企業の中で、
どんな意思決定プロセスがあるのか、
よく知っており、「闘い方」を知って
いるのが強みでしょう。

そもそも、私が、「正義感の塊り」
なので、MAKSに集まってくる
コンサルタントも、そんな人が多く、
自然、管理組合のために闘う場面が多くなります。

そういった時に心している基本方針が
あります。

まず、組合側への接し方ですが、
それは、
「管理組合は、独特な意思決定の
プロセスがあり、かつ組合員への
説明義務があるという性格を熟知
して進める。」
ことです。

そして、
ディベロッパー・管理会社とは、
裏取引せず、真正面から毅然として対峙
しますが、組合にとっては、今後も、
長い付き合いの続く相手ですから、
組合と根深い敵対関係にならないよう
配慮することも、大切です。

従って、組合側が困っている
「建築的な不良問題」があれば、
その本質が、
・ミスなのか、故意(手抜き)なのか?
・技術的な問題なのか、法定な問題なのか?
・個人レベルなのか、組織ぐるみなのか?
・組合に損失があるのか、心理的な不安感なのか?
を見極めたうえで、
・問題の解明に時間を費やすのか、
未来志向の解決に時間を費やすのか?
も、適切にアドバイスします。

また、
意思決定は、組合が行うものであり、
専門家は、その判断が、適切、かつ
賢いものとなるよう支援する役目だと
いうことを忘れてはいけません。

ただし、
悪質な手抜き・隠ぺいがあった場合には
その組合のためだけではなく、他のマン
ションでも、同様の被害がある可能性も
強いと考え、相手がどんなに大きくとも闘います。

こんな想いに共感してくれる人、
来年も、コンサルタント養成塾を開講
するので、来てくださいね!

■バックナンバーは、こちらからどうぞ

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
Copyright(C) マンション管理相談センター All Rights Reserved.

「マンション管理組合のためのしあわせ
デザイン通信」本文は著作権により保護さ
れていますが、あなたやご友人のお役に立
てるなら、商用の場合を除き、ご自由に
転送、転載いただいても結構です。その際
には、「マンション管理相談センターの
馬渕裕嘉志によれば…」と、出典を明記
ください。

◆発行人
(一社)マンション管理相談センター
代表理事 マンション管理士 馬渕裕嘉志

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□
本メルマガの登録・解除は、こちらからどうぞ

【ブログ4080日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【人気ブログランキングに登録しています

←【人気ブログランキングに登録しています

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック