FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日の質問の続きです。

Q:専用庭の中(←共用部ではあっても専用使用権のみとめられた部分)の事なので、修理費用は個人負担で全額出すべきではないか?

A:当該箇所が、
「共用部の専用使用」に当たれば、管理組合の負担ですし、
「区分所有者の財産」に当たれば、ご本人の負担ですね。

どちらに当たるのかは、管理規約・不動産購入時の重要事項説明書
等に記載されているのが一般的です。

古いマンションですと、そのあたりの記載が不明瞭な場合や、
また、書いてあっても、そこまでのチェックが必要と考えず、
素人発想で、「何となく」の感覚で、対処している例も散見されます。

その場合は、専門家に図面、関係書類、現地を見てもらう等して、
助言を受けて(一般的には有償業務)、組合の総会で決議されると
良いと思います。

【ブログ4055日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック