FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

名古屋市千種区には、組合設立と同時にマンション管理士の顧問が付いている6期目26戸のマンションがあります。

自主管理のマンションではなく、大手管理会社が管理を受託しています。
高圧一括受電で太陽光発電もついており、収入は潤沢。日常の修繕工事は、顧問が厳しい査定や相見積会社を紹介するので、支出もシビアですから、財政リッチなマンションです。

6期目の決算で、既に、戸当り100万円以上の修繕積立金水準。
しかし、各戸の管理費と修繕積立金は、他のマンションによりも低負担。


新築マンションのディベロッパーは、子会社又は協力関係にある管理会社に管理を依頼し、「管理会社が決まっていますよ」と言う前提で、マンションを販売します。仕事柄、週末に新聞に入るマンション販売チラシは、全て見ていますが、この10年で見たチラシは、全て同じです。

従って、恐らく、「販売時から管理会社とマンション管理士の両方が付いている」この形態のマンションは、日本で唯一だろうと思います。

なぜ、それが実現したか?
それは、このマンションが一棟丸ごとリノベーションで全戸を販売した際に、事業主に依頼され、マンション管理士がその販売コンセプト作りに参加し、管理会社選びを支援し、高圧一括受電導入をコーディネートしたからです。

念のため言いますが、販売後に「マンション管理士顧問契約がもらえる」と言うメリットがあるから、無償で協力した訳ではありません。コンサルティング契約を結び、「教える立場」で関わったものです。

結果、事業主が「マンション管理士が付いているマンション」を付加価値として、売り出したいと判断したからです。

実際に、このセールスポイントがセールスマンの「一押し!」だったそうで、完売。

このような経緯なので、このマンションへの思い入れは人一倍強いです。
本日の総会前理事会では、7期目の顧問契約も異議なく承認。

毎年、総会議案として更新を審議いただくのですが、普段から「管理会社の継続ありきと言う任せきり意識ではだめですよ!」と言っている私ですから、「顧問契約の更新は当り前」とは決して思いません。

顧問業務の報告はもちろん、来期の提案が最も大事!
毎年、何かしらの課題を見つけ、改善していく…。

目標は、日本一サスティナブルなマンションです!

【ブログ4018日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ連続更新)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキン
グ上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック