FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

沖縄でのコンサルティング開始にあたって、沖縄の管理業界の状況を把握すべく、沖縄県管理士会にコンタクトを取り、ヒアリングを行ったのが、今年初め。

その時に、いつか、沖縄のマンション管理士会向けに、「活躍できるマンション管理士になるための基礎講座」のダイジェスト版を開催しましょう!と言う話になっていました。

私の使命は、日本中のマンションにマンション管理士が顧問として採用されること。
そのきっかけになるなら、いわゆる世間一般でいうところの「同業他社」ライバルに、ノウハウを教えることは、厭いません。

ただ、沖縄でのコンサルは、向こう1年間、どの飛行機に乗るのか?から始まり、毎回、到着から離陸まで、時間刻みでスケジュールを組んであり、そのアポイントが埋まると、なかなか時間が取れないと言う状況。

しかし、今回、到着の時間を、21時から17時に変更し、19時開始にて、勉強会開始を計画。
宿泊先のホテルも、手ごろな会議室があるところを選択。

そして、沖縄マンション管理士会の会長名で、会員に案内を出していただきました。

結果、総会員数6名のうち、5名の参加をいただきました。
沖縄マンション管理士会

この高い参加率の裏には、当社が、地方でも専業として成功している実績を事前にPRしたこともあったと思いますが、それ以上に、沖縄のコンサル先マンションの専門委員のTさんの特別ゲスト!と言うプレミアムな演出が大きかったと思います。

勉強会後に、懇親会も計画したので、私の話はいつもの尺を30分を縮めて、50分ほど。
特別ゲストのTさんの話は、5分ほど。

結果は、私の話は60分、Tさんの話が10分(笑)

私の話は、「地方都市だからこそ活躍できる!」社会背景とマーケティングの話が中心。
Tさんの話は、コンサルタント導入の理由と現在進行形の管理改善状況をレポート。

Tさんに、コンサルタント導入の評価のところで、たいそう褒めてもらい、ちょっと照れました…(笑)

その後の懇親会は、1時間半。
人生経験豊富な人の集まりなので、「マンション管理士の仕事とは違うけど、それって、本が書けるかも…」と言う話で、盛り上がる(笑)

沖縄のマンション管理士にも、専業でビジネスを行っている方もおられるのですが、当社のようなコンサルタント型ではなく、管理不全のマンションに対して、「第3者管理方式」の顧問が中心。その背景や実情を詳しく教えていただきました。

マンション管理士連合会では、全国的に統一した手法で、「第3者管理方式」を広めようとしているようですが、既に、独自のやり方で、30近いマンションの顧問をされている方がいたのは驚きで、私も勉強になりました。

とにかく、沖縄のマンション管理士の皆さんから、地元の情報を頂けたことは、今後のコンサルティングに非常に役立ちますね!

感謝です!

ちなみに今回の出張は、管理会社の入札で、1次見積もりに対する、個別のVE面談と電気料金削減のための計測。更に、発電機保守の実態調査。

沖縄と言うクローズドの土地で、果たして「入札」が成り立つのかどうか、不安要素もありましたが、ちゃんと実施できています。入札会社は、名古屋に比べれば少ないですが、少なければ少ないなりに、専門業者の入札も絡めて、競争状態を作ることはできます。

適正な市場価格での管理実現に向けて、一歩ずつ進んでいます。

【ブログ3987日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック