FC2ブログ

アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

松本市内の顧問先マンションで、全館のLED化工事が終わりました。

まず、建物の実態に合わせて、長期修繕計画を補正。

当社が行った管理適正化で生み出される毎年の余剰金を、管理費会計から修繕積立金会計に移管。

今、LED化のための投資を行っても、数年後に待っている大規模修繕工事まで、資金的余裕があることを確認。

LED化に当たっては、器具の選択や工事の方法を指定し、工事人工を割り出し、適切な工事費にて決着。

工事後は、照度計測と竣工確認。

そこからがまた勝負!(笑)

電流値を計測し、最適な電力契約への変更シミュレーションを実施。

私が顧問として入る前に、管理会社が「なんちゃって電力削減」を行っていたので、元々のベースは下がっていたため、LED化の費用対効果が疑問視されていたのですが、工事費が相当下がったこと、契約変更でLED効果以上に電力料金が下がることから、5年程度で元が取れる試算ができました。

照明プランと言う意味では、このマンションでは、以前から、「駐車場が暗い」と言う不満の声がありました。

駐車場には、背の高いポール灯があり、単体で見ると高額な工事費で費用対効果が低いものになっているのですが、工事費全体が低減されたことで、その割高な工事費を吸収できました。

「安くなって、明るくなった」と言う住民の喜びの声が、何よりうれしいですね。

【ブログ3986日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック