アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)


この週末は、顧問先理事会、コンサル締結の臨時総会、大規模修繕工事見学会と盛りだくさんで、全部で7つの業務が入っています。

その中で、コンサル締結の臨時総会は、岐阜市88戸、築4年目のマンション。
今年に入り、通算6つ目の契約マンションで、管理適正化・省エネ・保険適正化・建物調査・長期修繕計画・顧問の各コンサルティングを提供します。

このマンションの特徴の一つは、沢山の機械式駐車場があること。
ところが、その修繕が長期修繕計画に織り込まれておらず、修繕積立金の水準が非常に低い。
(これは、当社の「管理・長期修繕計画診断サービス」で見つかったことですが)

また、管理会社の対応が杜撰で、歴代の理事長から不満の声もあった。

今期の理事長になり、管理に関する一般住民の不満の声も大きくなり、住民座談会が開催されるなど、組合の自主的な活動が盛り上がっていました。

そんな折り、理事長夫人が弊社のセミナーに参加されたことがきっかけで、「専門家の力を借りて、管理の改善を図ることができる」と知ることになり、マンションで2回の勉強会を実施し、今回のコンサル契約承認の臨時総会が開催されることになったと言うわけです。

幸運だったのは、この理事長夫妻が非常にロジカルで、法律の専門家だったこと。
従って、例えば、組合員から、「自分たちの力だけでもできるのではないか?」と言うイメージ論が出ても、問題解決に専門家の力がいることをきちんと説明いただけたこと。

臨時総会の議案書は、弊社が作成支援しますが、これとは別に、ご自分の体験や考えを文書にして配布し、住民の理解をはかってくださいました。

その甲斐あって、臨時総会では、非常に前向きな質問や賛同意見が数多く出され、1時間半の熱心な審議となり、最後は、出席者が全員賛成!

とにかく、築年数が若いうちに、マンション管理組合の構造的な脆弱問題に気付き、是正を図ることができれば、将来の各戸の家計負担は、楽になります。

棚橋コンサルタントが主担当となり、これから2年間の改善プログラムが始まります。

【ブログ3955日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック