アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

岐阜県各務原市は人口約15万人。
マンションの数は、正確にはわかりませんが、市役所の近くの中心部に集中しています。
ただ、規模は、小さく、2~30戸が多いですね。

そのエリアで、20戸のマンションと、4年前に初めて管理適正化コンサルティング契約を結び、その後、ずっと顧問契約が続いています。

その後、偶然、近隣の同じシリーズのマンションからも、人づてで紹介があり、前記マンションでの評価を聞かれて、結果、顧問契約。

更に、その近くのマンションからの相談があり、既存顧問先の理事長と直接会っていただき、3つ目の顧問契約。

そして、先月、4つ目の顧問契約は、既存顧問先マンションの斜め向かい。
こちらは、当社のセミナーに参加され、その後、その理事長が、既存顧問先マンションの理事長を訪ねられ、評価を聞いたうえで、顧問契約。

各マンショ間の距離を測ると1キロメートル以内。
すべて、20~30戸程度のマンション。
全て総合管理会社との管理委託契約があります。

マンション管理士業が成り立つには、
「都会」・「大規模」・「自主管理」
と言われることが多いのですが、真逆の
「地方都市」「小規模」・「総合管理委託」

私の自宅が、各務原市寄りなので、4つのマンションに自動車で10分程度で着くと言う幸運な要素もあると思いますが、全国のマンション管理士に、マンション管理士業の従来の固定概念を破って欲しいと思い(チョット自慢も入ってますが・・・(笑))、今回は、信ぴょう性を高めるために、プロット地図付き!
顧問先マップ

もちろん、各マンションとは、マンション名公表OKの契約を結んでいます。

4つのマンションの合計戸数は、約100戸ですから、都会で仕事をするマンション管理士から見れば、100戸で1棟のマンションの方が、楽に映るでしょう。

だって、総会議事録のチェックも、同じ100戸で、4分の1の仕事で済みますから(笑)

でもね、小規模だと、大規模マンションのように、「しょっちゅう何かある」状態ではないので、顧問の活躍シーンは「待ちの姿勢」では、限られます。ボーとしていたら、何も起こらないで、1年過ぎますよ。

知恵と工夫と情熱をもって、そのマンションに住む人を幸せにしたい!と言う強い気持ちがなければ、顧問としての価値を感じてもらうことはできません。
そう言う意識で仕事をすれば、マンション管理士としての「コンサルティング力」が、相当に鍛えられます。

また、4~5年もすれば、輪番制で回る理事会で、すべての住民に順番が回り、親しくなれますから、ますます、愛着が沸きます。

ちなみに、来月、このエリアに5つ目のマンションとの顧問契約のための総会が予定されています。

多分、「マンション管理士としての顧問先マンション密度」と言う指標があれば「日本1」じゃないかな(笑)
「すべてのマンションに、顧問マンション管理士が必要!」と言う当社の理念を、一歩ずつ実現していきたいと思います。

【ブログ3740日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
ヤフーニュース
「機械式駐車場は金食いリスク」と出ています。ダイヤモンド・オンライン/シーアイピーの須藤さんの話でした。
2017/09/27(Wed) 12:34 | URL | デュピュイ取る | 【編集
RE:ヤフーニュース
私もこの記事と同じ話をあちこちでしてますが、都会では大きな問題点なので、トップニュースに取り上げられたのでしょうね。
時代は変わりましたね。
2017/10/01(Sun) 00:22 | URL | 馬渕@しあわせデザイン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック