アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

岐阜県各務原市にある30戸程度の築3年目を迎えたマンションから、管理適正化診断を依頼されました。

そのマンションのすぐ近くのマンションからの紹介です。

このマンションの住む方が
「清掃が良くないんだよねぇ」
と同じ職場の人に話したら、
「うちは、コンサルタントが入って、管理理が良くなって、コストが大きく下がったんだよ」
と話が発展し、紹介いただいたものです。

紹介元のマンションも、築5年目と新しいマンションでしたから、管理適正化の効果は、相当大きい。

これ、わかりやすく言うと、生命保険の掛け金。
若い頃、保険に入れば、安い掛け金で済むのに対して、年齢が高くなればなるほど、掛け金が高くなります。早い時期に管理改善を行えば、将来予定されている修繕積立金の値上げを抑制することができます。

また、この診断のために、建物も調査したのですが、
「ンン?」
「あれっ?」
と言う個所をいくつか発見。

築3年目に入ったばかりですから、まだ2年目アフターとして、補修を申し入れることも、できると思います。
その点でも、築年数が若いほど、当社の適性診断を受けるメリットがあります。

昨日、適正化診断の結果を伝える理事会向け勉強会を開催したのですが、皆さん、当方の話に共感いただき、住民向け勉強会も、早々に実施しましょう!と日程も決めていただきました。

【ブログ3681日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック