アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今日、岐阜県大垣市の20戸×2棟のマンションで、大規模修繕工事の完了報告会を実施しました。

このマンションは、2棟の団地型ではなく、各棟が独立しているのですが、隣接しており、完成した時期は全く同じで、建物の規模や仕様も同じことから、共同発注と言う形を取り、当社のコンサルティングの元、MACM方式で入札を行い、同じ工事会社に発注。

1棟が単独で発注することに比べれば、色々な点で、割安になります。
わかりやすいのは、現場事務所。

単独ならば、それぞれ必要ですが、共同ならば、1つで済みます。

元々、割安な基本費用に加えて、MACM方式での入札ですから、更に安くなる。

結果、「やりたいところは、全部修繕する」と言う工事にした上で、将来を見据えても、修繕積立金の一時金還元や、値下げができると言う状態にまで、持っていくことができました。

もちろん、工事の途中で、下地補修の実数清算や追加工事もあり、全てが順調と言う訳ではありませんでしたが、最終的な工事費の清算を行った上で、改めて、長期修繕計画の更新を行い、その結果を見ても、将来の資金不安が小さいと言う報告も、今回、行っています。

住民の皆さんは、工事に関する関心が高く、どちらのマンションとも、出席率が高い。

1棟は午後、1棟は夜に、それぞれ開催し、アフター点検についても、詳しく説明して、安心していただきました。

【ブログ3612日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック