アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

今日は、松本市の顧問先マンションにて、新旧管理会社の引継ぎがあり、理事が立会いです。

一番のポイントは、鍵・書類。

形式上は、旧会社から、一旦、組合に返納され、組合から新会社に交付されます。
しかし、実際には、新会社が管理を行うのに必要なものが揃っていないと、困るので、組合(理事)の立会の元で、新旧の引き継ぎを行ってもらう方が、確実ですし、合理的です。

もちろん、それに至る前に、顧問として、引継ぎ中間チェックを行い、引継ぎ日につつがなく引継ぎが行われるよう両者間の情報・状況を把握します。

その際には、懸案事項の引継ぎも大切で、それは、文書だけでなく、過去の経緯や方向性について、すり合わせを行います。

今回は、エレベーター保守会社や警備会社が、同じ会社だったので、その点は、楽です。これが、違う会社だと、機器の取り付けのタイムラグがあり、無監視・無警報状態が発生するので、気を遣いますね。

GWの最中に、立会い協力いただいた理事の方、お疲れ様でした。

【ブログ3318日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック