アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

築5年目の40戸クラスのマンションで管理適正化コンサル中の真っ最中です。

約4か月かけた調査や検討、交渉で、現行管理会社及び組合直接契約の保守会社等との契約では、品質を保って、約20%のコスト削減の目途が付きました。

次は、共用部の電気代。

既に、管理会社の提案で、電子ブレーカーが設置され、低圧電力の削減は大きく進んでおり、当社の提案は、契約変更による削減。これは既に終わりました。

次が、共用電灯の削減。
このマンションは、全館LEDであるにも拘らず、電気自動車充電器があるため、契約容量が、同サイズのマンションに比べて、4~5倍です。

しかも、それに気づいている人は、皆無。

充電器は機械式駐車場に設置されているのですが、そのパレットと充電器使用とのを紐づけるルールもなく、この5年間、誰も使っていません。

従って、電気使用量もゼロで、電気使用料金もゼロ。
しかし、基本料金がずっとかかっています。

管理委託契約関係の改善の第1ステップが終わったので、次が、このテーマ。
本日、エンジニアと一緒に、現地調査を行い、配線経路、ブレーカーサイズ、分岐、充電器の切り離し手法の確認など、入念に見てきました。
計測


いささか複雑な電気設計でしたが、電気のわかるエンジニアと電気契約のわかる私とが組めば、鬼に金棒!(笑)

改善の目途が付きました。
出来工事代も、それほど多額にはなりません。

次は、充電器利用ルールの整備です。
こちらは、管理規約・細則の世界ですから、今度は、マンション管理士としてのスキルが必要ですが、実は、電気の工事と契約の両方がわからないと、正しい細則は作れません。

これ、間違った細則を作ると、いざ、誰かが使用したいと言った時に、停電が起きる可能性があります。

新しいマンションで、電気自動車充電器を設置してあるマンションは、一度、ご相談いただくと、数十万円得するかもしれません。

【ブログ3040日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック