アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日は、名古屋市内約45戸のマンションのエレベーター保守と機械式駐車場保守の入札プレゼンでした。

これまで、当社の管理委託契約適正化プログラムにより、まず、3カ月かけ、管理委託契約の整理、調査を行い、仕様の適正化を行いました。

次に、価格査定を行い、当社の過去の入札実績により、市場価格と比較。
その結果、ほとんどすべての項目で、割高であることが判明。

現行の契約先に申し入れ、価格交渉。
相手は、管理会社だけではなく、管理組合が直接契約している保守会社も対象です。

このマンションの場合は、直接契約が6項目あり、そのすべての会社と交渉となります。

中には、製造メーカーしか保守会社がいないと言うケースもありますから、価格決定権は保守会社の方が強い。単に「安くして」ではなく、業務の内容、時間、人工、専門性を精査して、価格交渉することになりますから、相当タフです。

今回プレゼンとなったエレベーター保守と機械式駐車場保守は、製造メーカー保守と保守専門会社(一般的には前者を「メーカー系。後者と「独立系」と言います)があり、近年では、保守専門会社が複数成長していますので、各保守単位で数社来てもらい、プレゼントとなった次第です。

直接各社から説明を聞くと、業界の実態もよくわかり、審査員(理事+管理検討委員)の皆さんも、納得して、選択できます。

2項目で、審査時間を含めて約3時間。
6名の審査員の皆さん、お疲れさまでした。

【ブログ3038日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック