アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

土曜日に、岐阜で建物調査を行ったのに引続き、日曜は、名古屋市内で、建物調査。

黒野コンサルタントは、二日連続で、私と一緒です。

前者は築14年目の大規模修繕工事前の劣化調査ですが、今回は、長期修繕計画作成のための調査であり、その工程のなかで、構造スリットや不具合も調査します。

また、住民を同行しての建物ツアー的な行程は、両日とも同じですが、築5年目だと、目立った劣化はなく、新築時にひと手間かけた長寿命施工等を示して、安易に12年周期の大規模修繕工事話に乗ってはいけないですよ!と解説したり、「ここにこんな症状が出たら、注意信号ですよ!」と教えながら、回ります。

構造スリットの調査は、住民のツアーとは別にmMAKSから、平山コンサルタントと倉田コンサルタントが参加して、まずは、専門家からレクチャーを受け、学んだあとは、実際に、自分でやってみて、スキルを高めてくれています。

住民ツアーでは、屋上に上がった際に、初めて!と言う人もいて、しばし記念撮影タイム!
屋上調査

その後、いくつかのベランダも拝見し、竣工図との仕様や数量の照合も行います。
この建物は、メンテナンス性を考えた「技」が多くあり、感心しましたね。

1か月程度を目安に、報告書をまとめ、長期修繕計画の基礎資料を作成します。


【ブログ3290日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック