アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

週末は、MAKS初の金山エリア開催、初の日曜午前中という時間帯。

担当は、佐藤コンサルタント。

初めて尽くしでしたが、会場は、満席で、参加者には窮屈な思いをさせてしまいました。
金山セミナー

申込がどんどん増えていく中で、他の広い部屋も当たったのですが、空いておらず、申し訳なかったです。

無料啓発セミナーは、一般的には、かなりの割合で欠席者が出るのですが、MAKS開催セミナーでは、ほとんど、それがありません。

何故か?

1番目の理由は、このセミナーが、他では聞けない希少性があるからだと思います。
単なる知識取得型の勉強ではなく、専門的なノウハウや実例が満載。

二番目は、「そんな話が聞けるんですよ!」と言うセミナーチラシの作り込み。
ここには、実際に当社に相談があった事例、解決して喜ばれた事例に基づき、「意識の高い人たち」に関心を持っていただける文書表現が作りこまれています。これまでセミナーチラシを作るたびに、「この表現で良いか?」を考え、ブラッシュアップしています。

従って、このチラシを真似して、でも完全なパクリだとまずいから(笑)、少し表現を変えて作ったとしても、同じインパクトはないと思います。

三番目は、開催に至るまでの参加申込者へのリマインダーフォロー。

そして、四番目は、チラシを配布する人の「想い」。
コンサルタントには、1枚1枚のチラシを投函する時に、「これで、このマンションとのご縁ができて、このマンションに住む人が幸せになる」と念じながら配布すると良いですよ!とアドバイスしています。

では、上記の中で、一番大きい要因はどれか?

それは、四番目だ!と言うのが私の結論。
人の強い想いほど大切なものはないからです。

【ブログ3270日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック