アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

一宮市の16戸のマンションの管理適正化を黒野コンサルタントと一緒に実行しています。

ここは、少し前に、総合管理会社との契約から、各種保守・清掃業務を切り離し、ビル管理会社との契約に切替え、他の事務業務に関しては、主に出納業務を残して、管理コストを削減したばかりのマンション。

ところが、その体制でやり始めてみると、管理業務の穴が所々で見つかり、理事長の物理的・精神的負担が増えた…

「今までと変わらないまま、コストダウンが図れる」と言う話だったのに、ずいぶん違う。

先日も、建物の破損事項があり、その保険申請について、従前の管理会社に相談したら、「そちらは自主管理に変わったのだから、これからは、そう言うのも自分たちでやるんですよ」と言うような趣旨の回答。

また、長期修繕計画書も、古くて、アバウト。

とにかく、理事長が「お手上げ状態」で、何とかして欲しいと言う依頼でした。

しかし、コストを下げたばかりで、今度は、コストアップになるコンサルタントを雇うのも、無理!と言う状態。

そこで、「無償で管理改善のアドバイスをするので、自分たちで頑張っては?」と言う提案もしましたが、「何とか助けて欲しい」と言うリクエスト。

改めて、業務委託契約を拝見し、詳細に分析してみると、最初に聞いていた「極限までのコスト削減実施済み」と言う話だったけれども、まだ、削減の余地がある。

新しい業務委託契約書も、報告書も相当アバウト。

ただし、当社の管理適正化プログラムは、かなりの手間をかけるので、コスト削減分を報酬に充てていただいても、到底、引き受けられるものではありませんでした。

が、困った顔の理事長を見て、引き受けることにしました。

そして、数か月に渡り、管理適正化コンサルを実施。
新しい管理委託仕様書が完成し、黒野コンサルタントが、管理検討理事会で初解説。

そして、次回は、組合員向けの公聴会実施を行うことになりました。

小規模マンションだからこそ、より細部まで目を配り、最大限のコストパフォーマンスを生み出したい!と、プロ魂が燃えます!!(^^)!


【ブログ3264日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック