アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日は、日進でのマンション管理組合向けの初セミナーでした。

私が講師を務め、黒野コンサルタントが会場担当。
冒頭に素晴らしい開会のあいさつと自己紹介をしてくれました。

また、MAKSメンバーは、棚橋、佐野、佐藤コンサルタントが応援に来てくれました。

昨日のメルマガでも書いた通り、当社のセミナーは、参加する前に様子見だった人も、ほとんどが、講座が終わるころには、個別相談をしたい!となります。
日進セミナー4 日進セミナー3

その理由は、次の七つではないかと思います。

一つ目は、他のマンションの事例を聞いて、「あれっ?これって、自分のマンションに当てはまる!もしかしてうちのマンション、やばいかも!」と危機感を感じる。

二つ目は、解決のためのノウハウに、再現性があって、自分のマンションでも、同じことができそうだと期待感が高まる。

三つめは、その再現性のある解決ノウハウで、実際に沢山のマンションが幸せになった実績が豊富なので、安心感がある。

四つ目が、自分やマンションの住民だけで行うのは難しそうでも、専門家の支援があれば、できそうなので、自分のマンションの事を話して、具体的に聞きたくなる。

五つ目は、コンサルタントが複数いて、待たずに、すぐに相談できる。

六つ目は、「マンションの管理・長期修繕計画 無料適正診断」と言う具体的で魅力的なサービスが受けられる。

七つ目は、講師がお茶目で、会場の雰囲気がリラックスムードになっているから(笑)

で、今回も、参加7名のうち、4名が引き続き残られて、「来週の金山のセミナーに、マンションの他の住民も参加させたい」とか「無料診断をすぐ受けたい」と言う話になりました。

その中でも、最も印象に残ったのが、ある大型マンションの理事長さんからの相談。
当社が、かねてから警鐘を鳴らしている「不適切コンサルタント」のストーリーに酷似しているそうです。

相当に安いコンサルティグ料で、工事会社は、数社しか入札できない厳しい条件…。

しかし、すでに、工事会社を決める段階で、今から後戻りも出来ない…。

今回は、適正に戻すのはあきらめるけれど、現在、既に管理費・修繕積立金が相当高いのに、更に、次回の大規模修繕工事に向けて、修繕積立金の値上げが予定されているので、管理適正化を行い、組合財政の健全化を図りたいと言う意向でした。

3月5日の金山のセミナーに、他の役員を誘われるそうです。
理事長への賛同者・支援者が広がることを祈ります。

【ブログ3262日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック