アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日は、岐阜市の40戸、大垣市の20戸のマンションで、同日に管理会社による入札のための現地調査でした。

現在、管理適正化コンサルティングを実行中のマンションは、名古屋市(2)、瀬戸市、一宮市、犬山市、岡崎市、大垣市、岐阜市(3)、大垣市、松本市で合計12のマンション。

新体制がほぼ決まったマンションから、現地調査を開始したばかりのマンションまでありますが、コンサルティングの手順は決まっているものの、各マンションの実情に合わせて、ペースが速い、遅いがあります。

管理会社の入札に当たっては、当社側も相当な業務量がありますが、管理会社側も大変ですから、今回、岐阜と大垣に関しては、現地調査日を揃えて、名古屋から来る管理会社が1日で梯子して、調査ができるよう整えました。

と言うことは、これから見積書の提出時期も同じ。

管理会社は、二つのマンション同時で、二つの見積書を出しますが、こちらは、十数社の見積りをチェックし、比較表を作り、統計処理をして、VE資料を作成し、各社にフィードバックすると言う業務が同時に二つ待っている(笑)。

楽しすぎます!(笑)

とても私一人ではやれませんが、養成塾卒業生のコンサルタントが力強いパートナーです。また、一連のコンサルティングを間をおかずに連続して担務することができるので、一気に新人コンサルタントのスキルも上がります。

これと並行して、大規模修繕工事コンサルティングも2年先まで、予約を頂いていますので、大規模修繕コンサルティングのスキルも上がるでしょう。

また、新規に勉強会の申し込みも、5マンションほどあり、コンサルタントの早期養成は、急務です。
ただ、「急務」=「急造」ではダメ!

MAKS基準の高品質なコンサルティングを提供することは、絶対条件です!
そのために、MAKSの事務局も増員しました。

マイクロソフトのオフィスソフトのエクセルもワードもマスターライセンスを持っている女性ですから、資料作成が速い!

チームとしての生産性を上げて、更に、良い仕事をより早く実行していく体制を作り上げて行きます。


【ブログ3243日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック