アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

昨日、百田尚樹原作の映画「海賊と呼ばれた男」を見に行きました。
海賊

前に見た映画が「永遠の0」。
同じ原作者、同じ監督、同じ主演です。

とても感動し、それから同氏の小説は全部読みました。

この「海賊とよばれた男」は、同氏の小説の中でも大好きな作品のひとつで、出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしています。

永遠の0の時は、先に映画を見て、小説はその後。
感動が蘇り、小説を読みながら涙が出てきました。

今回は逆で、先に小説を読み、相当に感動し、やっぱり涙が出るシーンがいくつもあったので、この深みのある物語をどのように映画にするのか?と言う楽しみもありました。

で、小説から取り上げられていたのは、予想した通り、満州鉄道の列車の潤滑油の採用を巡ってメジャーと戦うところや戦後GHQからの無理難題を引き受け、全国の陸軍基地の汚泥の中から石油を回収するところ。そして、戦後、日本の石油の取引を全部メジャーに取られる寸前で、タンカーをイランに派遣し、見事、独自の輸入に成功するシーン。

根底に流れるのは、石油は、日本の経済の発展のためのコアな資源で、それを海外資本に牛耳られまいとする強い信念とどんな逆境でもあきらめない心。

戦後の日本の目覚まし経済成長の要因の一つに、この人たちの努力があったのだと感じます。

大きな志のために、人はどこまで強くなれるのか?
目の前の利益のための小さな戦術ではなく、曲げない信念こそが、大きな成功を生むものであることを改めて教えてくれる素晴らしい物語だと思います。

今の自分の状態と照らし合わせ、勇気をもらいました。

是非、映画を見て、その後、小説を読んでください。
ダブルで感動しますよ!

【ブログ3230日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)



にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

テーマ:よく生きる
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック