アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

このマンションは、名古屋市内、築30年17戸。

修繕委員会を発足させて、かなり長い間、議論を行い、コンサルタント選びも沢山の設計事務所やマンション管理士の話を聞いて、最終的に当方に内定。

当社の場合は、1日で複数の専門家を呼んで、順次プレゼンする「設計・監理契約のコンペ」の参加依頼を頂いても、参加しない方針で、まずは、最適な専門家選び・工事会社選びのための「勉強会」を提案します。

このマンションでも同じですが、その勉強会の時から、いくつもの課題の相談を頂いていており、その課題の整理や優先順位のつけ方が一番の問題!と言う状況。
その時の勉強会の様子↓
sマンション勉強会

そこが決まらないと、専門家選びも決まらないですよ!とアドバイス差し上げたのですが、今回、大規模修繕工事コンサルティング依頼の内定の連絡を頂き、MAKSの棚橋コンサルタント・佐野コンサルタントと一緒に、総会議案資料の説明に伺ったところ、実は、「そこが決まってない」(^_^;)

当社を選んだ「決め手」は、そこを決めることができる期待感を持っていただいたからかな?と感じました。

小委規模マンションで、資金は潤沢ではありませんが、課題は多い。
管理費会計には、適正化により、余剰金を生み出す余地はありますが、それで解決できるレベルのものではないようです。

とにかく、コンサルタントしては「やりがいがある!」の一言に尽きます。
1月の臨時総会で、契約が承認された暁には、私と佐野コンサルタントが中心になって、成功のための支援を行いたいと思います。

【ブログ3182日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング上位獲得!

←【ランキング上位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック