アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

タイトルは、わかりやすく、「誰も来ない」と書きましたが、もちろん、役員や修繕委員等は、出席していますが、他の人が「誰も来ない」という珍現象?

このマンションは、組合活動は活発な部類に入ります。

総会の出欠表が出なければ、各戸訪問して、催促することもしていますし、委任状や議決権総数の未提出者は、50戸中1戸ですから、組合員の意識も低くないですね。

議決権行使は、全員が賛成。

この要因は、
① この議案が、単独の臨時総会であったこと、かつ大規模修繕と言う難しそうなテーマであること。
② 修繕委員会は、2年越しで、毎月のように会合を開催し、初期は、管理見直しや電気代削減など、大きなプロジェクトを成功させたこと。
③ その結果、修繕積立金の大幅値上げを避けられる見通しになり、大規模修繕工事の内容も、フルスペックでの計画になったこと。
④ フルスペックなのに、MACM方式による入札で、当初の概算予算に比べて、1000万円ものコストダウンが実現できたこと。
⑤ 工事会社の決定も、丁寧な手順と議論を重ね、総会資料も充実していること。
⑥ 修繕委員会の活動の様子が、きちんと情報公開されており、かつ前記②~⑤により、修繕委員会への信任が相当厚いこと。

結局、予定していたコンサルタントからの経緯説明のパワーポイントは、なし。
工事会社のプレゼンもなし。
で、早々に採決して、その後、早速、工事期間中の代替駐車場の打ち合わせ。(笑)

うーん、大規模修繕コンサルタントとしては、自分の仕事への信任だと受け止められなくもないですが、組合顧問としては、組合活動の活発化と言う根本的な課題からは、遠い結果となっているのが気になります。

今回は、良い面を見ることして、契約書の詰め、足場仮設の設計、次回の工事説明会等に、力を注ぎます。

【ブログ3171日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

テーマ:**暮らしを楽しむ**
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック