アマゾン電子書籍 カテゴリー別売れ筋ランキング全国1位!!

―マンション管理組合向け指南書シリーズ1、2 同時発売中ー

「マンション管理を劇的に改善する5つの法則」(馬渕裕嘉志著)
「マンション大規模修繕工事のコストダウンを成功させる7つの法則」(同上)

この週末は、「活躍できるマンション管理士養成塾」の第12回目の講座。

いよいよ来週が、プレゼンコンテストなので、実質的には、最後の実務講義です。

今回のテーマは、「広告・集客・見積作成と契約の実務」

今回の内容は、これまで11回の内容とは、大きく違い、「マンション管理士」の専門知識とはまったく関係なく、コンサルティング・顧問経験をどれだけ積んでも、身につかない知識とスキルです。

どれだけ活躍できる実力が付いても、目の前にクライアントがいなければ、その実力を発揮することはできません。

恐らく、マンション管理士に限らず、多くの士業が持つ悩みが、この集客であり、そこから契約に結び付けるスキルでしょう。

それに輪を掛けて、マンション管理士と言う職業は、
「どんな価値を提供してくれるのか?そのコストパフォーマンスは?」
が全くと言って良いほど、マンションに住む人に知られていませんから、更に、難しい。

これが、「マンション管理士を専業にできない」と嘆く人の共通した課題だと言えると思います。

が、私から見ると、その悩みは当たり前。
なぜなら、そのスキルを身に付けるのは、マンション管理士とは、全く別の勉強や経験が必要だからです。

私の場合は、一般消費者向けの7年間の住宅コンサルティング時代に、数十万円の広告費を使って、2件しか反応がなかった苦いスタートを皮切りに、毎回の住まいづくりセミナーにコンスタントに数十名の集客が出来るようになり、その経験を元に、今度は、全国の電力会社、大手住設メーカー、大小様々な建設会社等に、「広告、集客、営業コンサルティング」を提供してきたと言う実績があります。

この時に身に付けたノウハウを元に、マンション管理組合にどのように情報を伝え、関心をもってもらい、信頼頂くか?のストーリーを組み立てています。

しかし、決してセールスはしません。

このノウハウを伝えるのが、今回の講義です。

ちなみに「ノウハウ」と表現しましたが、「テクニック」だけではありません。
コンサルタントとしての、「在り方」「姿勢」とセットになっています。

結果、相思相愛になれる管理組合とのコンサルティング契約になります。
従って、仕事が楽しくて仕方ないので、「これでもかっ!と言うくらい幸せにするコンサルティングに全力を注ぐことが出来るという訳です。

【ブログ3125日連続更新中】
(ただし、翌日に前日分を書くケース等も含んだ更新日付の連続)


にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ←【ランキング1位獲得!

←【ランキング1位獲得!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック